看護師としての自分の理想像と診療科選びの大切さについて


これから看護師としての第一歩を踏み出す方も、既に看護師としてのキャリアを積み、新たな門出を迎えようとしている方も
選択する診療科によって大きく仕事も異なり、看護師としての自分の理想像の形も変わってくることでしょう。

どの診療科をとっても、命をあつかう大切なところに変わりはありませんが、

働いてみて初めてその診療科との相性がわかることもあったり、小さい頃から自分の働く診療科を決めて勉学に勤しんできた方もいたり、働いているうちに新たに興味関心を持つ診療科が増えたりと、人さまざまだと思います。

一般的に、看護師の働く診療科としては次のような場所が挙げられます。

  • 内科
  • 精神科
  • 神経科
  • 神経内科
  • 呼吸器科
  • 消化器科
  • 胃腸科
  • 循環器科
  • 小児科
  • 外科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 美容外科
  • 脳神経外科
  • 呼吸器外科
  • 心臓血管外科
  • 小児外科
  • 皮膚泌尿器科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 性病科
  • 肛門科
  • 産婦人科
  • 産科
  • 婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 気管食道科
  • 放射線科
  • アレルギー科
  • 心療内科
  • リウマチ科
  • リハビリテーション科
  • 歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科
  • 麻酔科

この他、救急系の診療科や、各診療科×小児科などまだ多数の診療科が存在ます。

次回から、

その診療科ではどういった背景でどういった仕事がされているのか

その診療科の看護師求人などについて取り上げて行きたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">